RR(リヤエンジン・リヤドライブ)

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)のこと

2014年10月 のエントリー


整備が難しい

2014年10月20日 - 16:43 | 投稿者 riya

RR車のデメリットの一つは整備のむずかしさにあります。自動車は多くの部品の組み合わせからなる複雑な機械ですので、必ずメンテナンスが必要になります。特にエンジンのメンテナンスは重要です。昔の車種であれば定期的なオイル交換は欠かせませんし、ラジエターや点火プラグや点火コードのメンテナンスも必要になってきます。場合によってはバッテリーの点検も求められます。それ以外にもこまごまとした点検調整が求められます。しかしボディ後部にエンジンを搭載するRR車はその構造上、どうしてもエンジン開口部の広さに制限が出てきてしまいます。つまりエンジンの上側を大きく開けることができないのです。そのためにどうしても手を入れる余地が狭くなり、入り組んだエンジンの点検と調整を行うには不便を伴うのです。これはRR車を運転するドライバーよりもむしろ点検するエンジニアの側からの評判を落とすことにつながります。またエンジニアでさえ手を焼くメンテナンスであれば、素人にはもっと手がかかるということになります。RR車には様々なメリットがたくさんあるのですが、やはりメンテナンス時の厄介さから徐々に敬遠され、結果的にRRレイアウトを採用する車が少なくなっていったということなのです。

カテゴリー 未分類 | 整備が難しい はコメントを受け付けていません。

高速走行時の安定性が悪い傾向にある

2014年10月20日 - 16:43 | 投稿者 riya

RR、すなわちエンジンを車の後方に搭載しかつ駆動輪も後輪であるいわゆるリアエンジン・リアドライブ車の特性としては、どうしても重心が後方に偏る傾向にあります。したがって、高速走行時に車の方向を決定する前輪への荷重が不足気味になり、結果的に安定性を損ねてしまう傾向があります。駆動輪はその回転方向からして、どうしても駆動輪より前の部分を上に押し上げる効果を持ちます。オートバイでいきなりスロットルをふかすと前輪が跳ね上がってウィリー走行になるのがその例です。したがって前輪の踏ん張りが利かなくなり不安定になるのです。これはRRレイアウトの宿命と言えるものかもしれません。それだけにRR車では設計段階での前後重量配分が大きな意味を持ってくるのです。RR車の代表格はドイツのポルシェです。この車は頑なにRRに固執してきましたが、それは前輪をステアリングに、後輪を駆動にとそれぞれの機能を独立して集中して担わせることが可能であったためです。また、エンジンと駆動輪を結ぶプロペラシャフトが不要であることも車両の重量減に貢献するうえで大きなメリットになりました。これと同様に、かつてのフォルクスワーゲン・ビートルもRRレイアウトを採用していました。日本車でもRR車がありました。スバルR-2という軽自動車はRRレイアウトを採用し、広い居室空間を実現していましたし、つい最近までもスバルのサンバーという軽1BOX車はRRレイアウトを採用していました。これらの車ではRR車のデメリットは設計上の工夫で最小限に納められていたのです。

カテゴリー 未分類 | 高速走行時の安定性が悪い傾向にある はコメントを受け付けていません。

RR車のデメリット

2014年10月20日 - 16:43 | 投稿者 riya

RR車とは、車の後ろの方、後輪の車軸よりも後ろにエンジンを搭載し駆動輪も後輪を駆動させるタイプの車のことをいいます。エンジンを後ろに置くことで前にエンジンを置くタイプに比べて運転席を低く保ったまま、車内のスペースを広く確保できる特徴があります。
その特性を生かして大型バスなどに採用されています。乗用車では有名なところではポルシェなどに用いられていてFR車に比べて運動性能に優れているためエンジン冷却などの構造的なコストの問題を気にしないで済む、高級スポーツ車にはよく見られます。
前輪の操縦性を損なうことがなく室内の居住空間を広く取れることから日本では軽自動車などの小型車で採用されていましたが、最近は少なくなっています。
RR車の利点は、後輪駆動の車種の中でも加速、減速に優れていることです。後方にあるエンジンのため後輪に大きな荷重をかけられ駆動輪に高いグリップ力を生むからです。
このように利点は多いのですがデメリットとしては、製造コストの高さがあげられます。エンジンが後方にあるためラジエターなどの冷却装置に余分な構造的負担がかかるためです。
また、高速走行時の安定性が悪いことも挙げられます。その他、メンテナンスの時エンジンルームの狭さから整備が困難で、エンジンの取り外し作業を強いられることも多く、整備費が高くつくことが挙げられます。

カテゴリー 未分類 | RR車のデメリット はコメントを受け付けていません。

走行時のエンジン音が静かで運転しやすい

2014年10月20日 - 16:42 | 投稿者 riya

RR車のメリットとして挙げられる点のうちその一つは、走行時のエンジン音が静かで運転しやすいという点が挙げられます。RR車のエンジンレイアウトは、車のリアにエンジンがマウントされ、さらに後輪を駆動します。車の中で最も大きな騒音元はエンジンですが、フロントにエンジンが置かれている車の場合、エンジンルームとの隔壁は存在するものの、その音のほとんどはエンジンの後ろ側に流れてきます。そのためかなりの騒音が聴こえてくることになるのです。しかしRR車の場合は、エンジンが後席よりも後ろ側、フロントエンジン車で言えばリアトランクの中にエンジンが搭載されていることになりますから、全てのエンジンの騒音は車よりも後方に流れてしまうことになるわけです。必然的にRR車は非常にエンジンの音が静かであり、想像以上に快適な運転が可能になっています。また、RR車はかつて主流だったFR車がその構造上どうしても必要とした、後輪にエンジンの駆動力を伝えるためのプロペラシャフトを必要としません。このためシャフトの摺動部から生じる騒音もなく、また重量も軽減されているために非常に軽快な乗り心地を実現したのです。またその分軽量に仕上げることができ、多くの利点が生じたのです。

カテゴリー 未分類 | 走行時のエンジン音が静かで運転しやすい はコメントを受け付けていません。

発進時やブレーキングの安定性

2014年10月20日 - 16:42 | 投稿者 riya

RR車のメリットの一つとして挙げられるのは発進時やブレーキングの安定性の高さです。これは車の中で最も重い部分であるエンジンがリアに収まっているということに起因します。フロントにエンジンを搭載している車の場合、発進時には前輪が大きく浮き上がってしまうことでどうしても安定しないことがあります。しかしリアにエンジンがあるRRでは荷重移動が少ないがために足回りをきっちりと固めることで安定したスタートを切ることができるのです。ブレーキング時も同様です。フロントにエンジンがある車は、ブレーキによって荷重が前部に集中するためにどうしてもフロント・ヘビーとなり、前輪がすべての荷重を支え切れなくなってしまう可能性が残されています。これを防ごうと前輪の足回りを固めてしまうと、今度は通常時にぴょんぴょん撥ねてしまうことになり安定したかじ取りができません。RR車はリアが非常に重いので、思い切りブレーキを踏んでも過剰なフロント・ヘビーに陥ることなく安定した原則が可能となるのです。特にスポーツ走行をする場合には強い減速をしなければならないことがありますが、減速時は車の挙動が最も不安定になるときなので減速時の安定が良好なエンジンレイアウトは非常にありがたいものと言えるでしょう。

カテゴリー 未分類 | 発進時やブレーキングの安定性 はコメントを受け付けていません。

RR車のメリット

2014年10月20日 - 16:42 | 投稿者 riya

現在あまり採用されることなりRRレイアウトですが、もちろんメリットもあります。まず駆動輪である後輪の近くに重量物のエンジンがあるレイアウトなので、常に駆動輪に十分な加重がかかりますので、スリップしにくいのです。特に発進時には加重が後部へ移動しますので滑りにくく、滑りやすい路面では有利です。また減速時には加重が前に移動します。この為に前輪のブレーキの利きは良いのですが、後輪がスリップしやすくなります。この様な場合でもに十分な後輪加重が得られやすいRR車は有利です。この様に加速時も減速時も駆動輪である後輪が十分な加重を得やすいなど高度な運動性能や安全性を得やすく。スポーツカーなどに向いていると言えます。またエンジンと駆動輪が近いのでFR車の様に長いプロペラシャフトを必要とせず、部品が少なくなり小型軽量化しやすくなります。同じ大きさでは室内が広くなり、車中も軽くなります。当然燃費も良くなり、性能も向上します。また重心位置に近いところにエンジンなどの重量物があるために、重量が中心に集まり回頭性が良くなります。この様にスリップせずに高度のグリップを維持してハイパワーなエンジンを生かすスポーツ車に向いています。

カテゴリー 未分類 | RR車のメリット はコメントを受け付けていません。

床面積を広くとれる

2014年10月20日 - 16:41 | 投稿者 riya

RRレイアウトを採用している車の代表格と言えば、みなさんが日常的に利用される機会の多いバスでしょう。今度乗る機会があれば、その内部をよく観察してみてください。一番後ろの客席は数段高くなっていることにすぐ気が付かれることでしょう。つまりエンジンはその最後尾の座席の下に収まっているのです。運転席は前輪の前にあって、最近は低床車なども普及しており、非常に広い床面積を実現しています。例えば運転席の近くにエンジンがあり、後輪駆動をする場合には、フロントのエンジンから非常に長いプロペラシャフトを使って後輪を駆動しなければなりません。これでは客席部分の面積を拡大するには限界がありますし、低床にもできません。しかし、RRであれば駆動系はすべて後席の下に納めてしまえばよく、さらに前輪はそれぞれ独立して懸架すればよいことになるため、高い居住性を実現できるわけです。これはRRレイアウトの非常に大きな特徴であり、メリットであると言えるでしょう。ただこうしたニーズは特殊な車両においてのみ限られるのであって、一般的な乗用車のサイズではメリットというほどまではいかないという判断が下されてしまうのです。RRゆえのメンテナンス性の悪さなどもあり、一般的な乗用車にはあまり用いられることがないのです。

カテゴリー 未分類 | 床面積を広くとれる はコメントを受け付けていません。

前輪の操縦性と室内の広さを両立

2014年10月20日 - 16:41 | 投稿者 riya

エンジンの配置と駆動輪の方式によって分けた車の種類にRR車と呼ばれるものがあります。車体の後部(後輪車軸より後ろ)にエンジンを積み、後輪で駆動します。
エンジンが後ろにあるためその荷重で、駆動輪である後輪の発進時のグリップ力が高くトラクションに優れています。また、ブレーキをかけた時にも、各車輪にバランス良く力が加わるためプレーキングの安定性能が非常に高いことが知られています。
重量物でもあり体積的にも大きいエンジンを後方に設置することから運転席を低く保ったままフロア面積を広くとることが出来、一番の騒音源であるエンジンが後方にあることから静寂性も兼ね備えることが可能になっています。
また、後方へのエンジン積載の利点としては、前輪の操縦性能が室内空間の広さを犠牲にすることなく確保されることがあります。しかし、後方への重量物集中は高速走行時の安定性が損なわれまた、エンジンルームのスペースの狭さからメンテナンスが困難であり、費用もかかってしまったりトランスミッション、冷却システムなどへのアクセスに余分な距離と部品を必要とすることから操作レスポンスの悪さ及び製造コストがかかることなどの理由から一部の高級スポーツカーなど以外では、使用されなくなってきています。

 

カテゴリー 未分類 | 前輪の操縦性と室内の広さを両立 はコメントを受け付けていません。

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)が乗用車では一部でしか採用されていない理由

2014年10月20日 - 16:40 | 投稿者 riya

車の駆動方式は、その車を特徴付ける大きな要素のひとつです。特に車好きやスポーツカーマニアなどは駆動方式に拘ります。FR、FF、MR、RR、この中で現在乗用車に最も多く採用されている駆動方式は言うまでもなくFFです。リアエンジン・リアドライブの代表といえば、ポルシェ911を挙げることができます。ポルシェ911が何故この特異な駆動方式を採用するのかといえば、強力なトラクションが確保できるという点とブレーキング時における車両バランスに優れているからです。加速時、車の過重は後にかかります。後部に重量物を背負った911は充分なトラクションを確保できます。減速時、荷重は前側にかかりますが、911ならば後部を浮かせることなく安定した車両バランスを確保することができます。しかしながリアエンジン・リアドライブは、コーナリング中、一端車両バランスが崩れるとスピンしやすいという特性を持っています。つまり前述の加速性と相まって操縦性が特異であり、相応の腕を要するというわけです。一定のアンダーステアを得なければならず、操舵輪と駆動輪を別にするのが理想という考えで始まった車生産の黎明期では、FRが主流で、リアエンジン・リアドライブは特殊な駆動方式を見られるようになり今日に至っています。また生産コストの問題もあります。多くのメーカーがFF車を量産する大きな理由のひとつは生産コストが安いからです。リアエンジン・リアドライブの場合、ラジエーターは言うまでもなく後部に配置しなければなりません。こうなるとフロントエンジンのようにラジエーターは走行中の風を利用することができず、高級なラジエーターを必要とします。

カテゴリー 未分類 | RR(リヤエンジン・リヤドライブ)が乗用車では一部でしか採用されていない理由 はコメントを受け付けていません。

メインナビゲーション

フィード

カテゴリー

アーカイブ

ブログロール

管理者ページ

最近の投稿