RR(リヤエンジン・リヤドライブ)

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)のこと

2016年1月 のエントリー


自力でできる?パンク修理のコツとは

2016年1月27日 - 16:01 | 投稿者 riya

自動車のトラブルの一つとして、走行中にタイヤがパンクしてしまうということがあります。とりあえず走行が可能な状態にするにはスペアタイヤに交換することが有効ですが、パンクしてしまったタイヤも状態によっては修理することが可能です。
ガソリンスタンドや専門店などでもパンク修理が可能ですが、専用のキットを使用して自力で修理するという方法もあります。
自動車のタイヤはほとんどの物がチューブレスなので、自転車の様にチューブを取り出して修理するという必要はありません。
パンク箇所を水に漬けるなどして特定したら、リーマー等である程度の大きさまで穴を広げ、専用の補修材を穴に埋め込むことで修理することができます。この際、リーマー等をタイヤに対して垂直に刺すのがコツです。
穴が広げられたら、補修材に接着剤を塗り、一気に穴に挿入することが大切です。躊躇してしまうと穴を完全に塞ぐことが出来ず、空気漏れを起こしてしまいます。
補修材を挿入したらはみ出した部分をカットし、再び水に漬けて空気が漏れていないか確認しておきましょう。
タイヤのトレッドパターンの部分のパンクならばこの方法で修理が可能ですが、裂けた様な大きな穴や、タイヤ側面に穴があいている場合には自力での修理は出来ないので専門店に相談する必要があります。

カテゴリー 未分類 | 自力でできる?パンク修理のコツとは はコメントを受け付けていません。

車を長く乗るために!パンク修理に必要なものとは

2016年1月27日 - 16:01 | 投稿者 riya

自動車を長く乗っていると、時には不具合が起きてしまうことがあり、その中にはタイヤに関連する内容があります。タイヤについては常に適切な空気圧を保って、溝の状態などをチェックした上で、安全に走行させることが必要ですが、走行中に異物などを踏んでしまった場合では、タイヤがパンクを起こしてしまうことがあります。この状態ならば、自動車を長く乗り続けることができないので、パンク修理を行う方法を選択するものですが、近隣に整備工場やガソリンスタンドなどが無い状態であれば、自主的にタイヤ交換を行うことが求められています。タイヤ交換の方法に関しては、多くの車種で応急用のタイヤを積んでいることになります。トランク内の底のカバーを開けたり、ミニバンなどの場合では荷台の底のカバーを開けると応急用タイヤとジャッキ、レンチの工具セットなどを積んでいることも一般的です。これらの道具類を使ってタイヤ交換を行いますが、最初にジャッキを使って少し車体を上げる方法になり、レンチでナットを緩めます。さらにジャッキアップを行って、完全にタイヤが浮いている状態にしてからナットを全て取り除き、応急用タイヤを装着させる方法です。予めタイヤ交換の方法を学んでおくと、緊急時であってもスムーズに対応できます。

カテゴリー 未分類 | 車を長く乗るために!パンク修理に必要なものとは はコメントを受け付けていません。

迷ったらタイヤ店へ!パンクしたタイヤの交換方法(応急用タイヤへの交換)について

2016年1月27日 - 16:00 | 投稿者 riya

タイヤのトラブルで、いつ起きるかわからないものにパンクがあります。
車のトラブルというのは未然に防ぐことができるものも多いものですが、タイヤに穴が空いてしまうというのは新品のタイヤであってもあり得ることであるため完全にパンクをゼロにすることは出来ません。

そのため、いざパンクをした時には応急用のタイヤにタイヤ交換できる知識を持っておくと安全です。

まず、パンクをしてしまったらすぐに車を安全な場所に移動させましょう。
他の車に迷惑が掛からないように、また作業をするための安全を確保するために大切なことになります。
作業をするときには足場がしっかりしていて、ジャッキが倒れないことを確認して作業にとりかかることが大切です。
まず、ジャッキアップする前にタイヤのナットを緩めておき簡単に外れる状態にしておくことが重要です。
ジャッキアップしてからでは、タイヤが空回りして外すことが出来ません。
ナットが緩んだらジャッキアップをすることになりますが、必ず決められたポイントにジャッキを掛けるようにしましょう。
車体を持ち上げパンクしたタイヤを外したら、車体の下に入れておくとジャッキが外れた時の保険になります。
あとは、交換用タイヤを取り付けナットを対角線上に締め、ジャッキを下ろしナットを増し締めして終りとなります。

カテゴリー 未分類 | 迷ったらタイヤ店へ!パンクしたタイヤの交換方法(応急用タイヤへの交換)について はコメントを受け付けていません。

知ってる?ハイドロプレーニング現象とは

2016年1月27日 - 16:00 | 投稿者 riya

車を運転しているときにおいて、ハイドロプレーニング現象というものが存在します。この現象はどんなものかというと、自動車などが走行している際に水の溜まっている道路の路面を走っていると、自動車と道路の路面の間に水が入り込んでしまい、自動車が水の上を走っているような状態になってしまう現象のことです。別の呼び方で水膜現象などと呼ばれたりすることもあります。このハイドロプレーニング現象に陥ってしまうと自動車が水の上を滑っているような状態になり、自動車のハンドルやブレーキが効かなくなってしまうため非常に危険で最悪の場合は事故などを起こしてしまうこともあります。ハイドロプレーニング現象が起きる原因としては、道路の路面に溜まっている水の量が自動車のタイヤの排水能力を超えたときに起こるとされています。したがって、溜まっている水の量が多ければ多いほど、このハイドロプレーニング現象に陥ってしまう可能性が高くなります。その他で起こる要因としては、自動車のタイヤの溝が磨り減って磨耗している状態やタイヤの空気圧が不足、自動車のスピードの出しすぎなどもハイドロプレーニング現象の要因です。対処法はこの状態になってしまうと何もできなくなってしまうので成り行きに任せるほかありません。しかし、路面の整備などで未然に防ぐことができます。

カテゴリー 未分類 | 知ってる?ハイドロプレーニング現象とは はコメントを受け付けていません。

恐怖!スタンディングウェーブ現象とは

2016年1月27日 - 15:59 | 投稿者 riya

スタンディングウェーブ現象とは、タイヤに発生するトラブルの一つです。主にタイヤの空気圧が低い状態で高スピード走行すると発生しやすくなります。
タイヤは地面と接している接地面と、そうではない面があります。車の重さはタイヤの接地面によって支えられているため、接地面のタイヤはへこむように変形しています。接地していない面ではタイヤは元の形に戻ります。このように、走行中のタイヤは常に変形と復元を繰り返しています。ここで、タイヤの空気圧が低いと、より変形が大きくなります。さらに、高速走行中ではタイヤの回転数も高くなります。この二つの条件が悪化していくとタイヤの形状が復元するより早く次の変形のタイミングが来てしまいます。つまり、変形が元に戻る前に再び変形することになります。そうなるとタイヤは元の形状を維持することができず、接地面から後方が波打つように異常変形します。これがスタンディングウェーブ現象です。
この現象の原理はタイヤの復元が間に合わなくなることですのでタイヤが片減りのままだったり、荷重が一つのタイヤに集中していたりしても発生しやすくなります。この現象はタイヤがバーストする前兆のため、タイヤの異常振動を感知したらすぐにスピードを下げて安全な場所に退避する必要があります。

カテゴリー 未分類 | 恐怖!スタンディングウェーブ現象とは はコメントを受け付けていません。

マイナ-なタイヤのトラブル!稀にこういうこともあります

2016年1月27日 - 15:59 | 投稿者 riya

タイヤは安全に走行するためとても大切なパーツでもあります。また走行性能や燃費にも直接影響がありますのでトラブルが無いように確認を行う必要があります。
タイヤには空気が入っていますが、これを空気圧といいます。これが適切でないとハンドルが取られたり燃費が悪くなることがあります。
よくある症状としてはパンクです。なにか物が刺さってしまいパンクすることがありますが、空気を入れるエアバルブ部分から漏れてしまうこともあります。
このような場合は定期的にエアゲージなどで空気圧が適切か確認し、どれかひとつだけいつも空気が抜けてしまうような場合は注意が必要です。
また縁石などにこすってしまい側面から破れてバーストしてしまうこともあります。タイヤには溝の残量を示すスリップサインがあります。溝が減ってくると雨天の走行などで排水性がわるくなり危険です。タイヤの状態やスリップサインも定期的に確認を行うようにします。
減り方についても確認します。肩減りがひどい場合はサスペンションなどのズレも考えられます。
一定のスピードになるとタイヤがブレるという症状があればバランスが乱れている状態でもあるため、バランスをチェックするといいでしょう。

カテゴリー 未分類 | マイナ-なタイヤのトラブル!稀にこういうこともあります はコメントを受け付けていません。

トラブル豆知識!コード切れによる破裂(バースト)について

2016年1月27日 - 15:58 | 投稿者 riya

高速道路などを走行している時に、突然タイヤがバーストしてしまい、走行不能に陥ってしまうことがあります。
タイヤのバーストが起こる原因は様々ですが、タイヤの内部にあるコードが切れてしまうことによって空気圧に耐え切れなくなるということがあります。
タイヤは、内部の空気の圧力に耐えるためにコードがいわば骨格の様に内蔵されていますが、経年による劣化や段差などに乗り上げた際の衝撃によって切れてしまうことがあります。
特に空気圧が適性で無い場合にも多く起こるので、定期的に空気圧を点検することが防止策として有効です。
高速道路など、長時間走行を続ける状況ではタイヤへの負担も大きくなるので、高速道路を走行する前には空気圧を適正な状態にしておくことが大切です。
また、タイヤのスリップサインが出てしまっていたり、長期間使用していて、タイヤ自体が劣化しているものもバーストのリスクが高くなります。そのため、劣化が進んでしまったものは早めに交換することが大切です。
コードが切れかけている状態では、タイヤに違和感のある膨らみやキズが発見できる場合もあるので、空気圧の点検などに合わせて目視でも問題が無いかを確認しておくと安心です。

カテゴリー 未分類 | トラブル豆知識!コード切れによる破裂(バースト)について はコメントを受け付けていません。

知っておこう「はく離(セパレーション)」基礎知識

2016年1月27日 - 15:57 | 投稿者 riya

タイヤの損傷の1つにセパレーションがあり、タイヤを構成しているゴムが剥離する現象で、大きく分けて4種類のタイプがあり、それぞれ特性が異なります。
トレッド・セパレーションは、空気圧不足や過荷重によって過度の屈伸運動が行われ、タイヤのトレッドが剥離してしまう現象で、ショルダー部に多く発生して、最悪の場合はバーストしてしまいます。
ヒート・セパレーションは、空気圧不足や過荷重の他に、過度の高速走行などで異常発熱が起こり、タイヤのブロック部分がスポンジ状などに変質し、ナイロンコードは熱で硬化してトレッドゴムに多数の孔ができ、トレッド部が剥離してしまう現象です。
カットによるセパレーションは、タイヤの外傷があると、そこから水や土砂などが侵入し、タイヤの内部で接着力を低下させ、最終的には剥離してしまう現象で、トレッド部に多く発生し、トレッドが浮き上がった状態になっているのが特徴です。
チェーファー・セパレーションは、空気圧不足や過荷重、過度の発熱などによってビード部の異常な動きによって接着力が低下し、ビード部のリムライン付近が膨れて剥離する現象で、不適合リムの使用やリムの変形、不良のリムの使用などによっても起こります。

カテゴリー 未分類 | 知っておこう「はく離(セパレーション)」基礎知識 はコメントを受け付けていません。

故障かも?空気圧が原因のトラブルについて

2016年1月27日 - 15:56 | 投稿者 riya

タイヤの形は内部の空気によって保たれています。空気圧の過不足は運転中のさまざまなトラブルの原因になりとても危険です。では、いったいどのような危険があるのでしょうか。
空気圧が不足していると走行中にタイヤの歪みが大きくなって異常発熱が起こります。その結果、タイヤが外れやすくなったり、内部が剥離したりコードが切れやすくなります。また、高速走行中はスタンディングウェーブ現象が起こりやすくなります。回転しているタイヤは地面に接地した時にたわみ、地面から離れると元に戻ることを繰り返しています。回転速度が速くなると形が元に戻らないうちに接地するために波打現象を起こしてタイヤに負荷がかかり最悪の場合はバーストしてしまいます。また、両肩部に無理な力が加わってタイヤの寿命が短くなります。燃費や操作性も悪くなります。
逆に空気圧が高過ぎると緩衝力が低下して傷つきやすくなります。その傷が原因でバーストに繋がることもあります。風船に空気を目一杯入れると少しの衝撃で破裂してしまうのと同じです。また、タイヤの中央部が摩耗しやすくなり寿命が短くなります。
タイヤは放っておくだけで自然と空気が抜けていきます。見ただけでわかりづらいので、安全に走行するためには定期的に空気圧の点検して調整することが大切です。

カテゴリー 未分類 | 故障かも?空気圧が原因のトラブルについて はコメントを受け付けていません。

トラブル豆知識!タイヤのトラブルはこう解決する!

2016年1月27日 - 15:56 | 投稿者 riya

ドリンク02道路上を自動車で走行している最中に、タイヤに対して違和感を感じ取る場面があります。その多くが空気が抜けてしまうことによって、普段では発生しないような振動を受けたり、ハンドリングに異変が起きてしまうことがあります。タイヤのパンクに関しては、そのまま走行させると非常に危険な状態に陥ることが多く、バーストを起こしてしまったりホイールが変形してしまうこともあります。この場合のトラブルの解決方法としては、安全な路肩などに自動車を停めてタイヤ交換を行う方法で解決できます。交換用のタイヤは一般的な車種であればトランクの下の部分やリヤハッチを開けて荷台の下などを見ると設置されていることが多いものです。国産車の場合ではジャッキセットなども用意されていることが多く、ジャッキアップを行ってからナットを緩めて交換作業を済ませることになります。ポイントとしてはスペアタイヤの場所を事前に把握しておくことが必要になりますが、現在では一部の新しい車種では搭載していないものがあります。このタイプの車種であればパンク修理剤などが販売されているので、自動車の中に積んでおく方法で対処することができます。尚、ナットの緩みによって外れかかっている場合も見られ、このケースでは停車後にナットを締める方法で解決できます。

カテゴリー 未分類 | トラブル豆知識!タイヤのトラブルはこう解決する! はコメントを受け付けていません。

メインナビゲーション

フィード

カテゴリー

アーカイブ

ブログロール

管理者ページ

最近の投稿