RR(リヤエンジン・リヤドライブ)

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)のこと

2016年2月 のエントリー

250cc以下のバイクの証明方法とは?

2016年2月26日 - 10:10 | 投稿者 riya

自動車や原動機付自転車を所有している人は、「自動車損害賠償責任保険」に必ず加入しなければなりません。これは、自動車や原動機付自転車に乗っている際に事故を起こしてしまった時、その事故の内容に応じて保険金が支払われるものです。この保険は強制的に加入するため、別名「強制保険」とも呼ばれています。万が一この保険に加入していないまま公道を走行してしまうと、違反点数6点、1年以下の懲役または500万円以下の罰金が科せられるため、必ず自賠責保険に加入しておきましょう。

さて、車検がいらない250cc以下のバイクは、この自動車損害賠償責任保険に加入するだけで公道で運転することが出来ます。自動車損害賠償責任保険に加入していることを証明するためには、ナンバープレートに保険が満期となる年月が記載されたステッカーを貼る必要があります。これを貼っておくことで、自分の乗っているバイクが自動車損害賠償責任保険に加入していることを証明出来ます。そして、公道を走行する際は、自動車損害賠償責任保険の書類を必ず携帯しておきましょう。これは、走行中警察に停止を求められた時に提示する必要があるためです。また、一度ナンバープレートに貼ると剥がすことが出来ないため、保険を更新した時は古いもののの上に新しいものを重ねて貼りましょう。

カテゴリー 未分類 | 250cc以下のバイクの証明方法とは? はコメントを受け付けていません。

自賠責保険の証明書を携帯していなかった場合の罰則について

2016年2月26日 - 10:10 | 投稿者 riya

自賠責保険は、必ず加入しなければならない保険です。バイクや原付自動車を含むすべての自動車の持ち主が加入しなければなりません。車検を受けるときにも必ず必要で、自賠責保険の証明書がなければ車検も通らなくなってしまいます。
車検証と一緒に車のダッシュボードなどに入れっぱなしの人が多いですが、中には盗難などを心配して持ち出している人もいます。「自賠責保険に加入しているけれど、運転するときに携帯するのを忘れた」というケースには罰則はあるのでしょうか。
自動車損害賠償法によって自賠責保険の証明書は車を運転するときには必ず携帯しなければならないと定められています。不携帯の場合には、30万円以下の罰金が課せられます。盗難等を気にする人は、コピーでも構わないので必ず車の中に入れておくようにしましょう。
自動車の場合には車検の際に必要なので未加入の状態になることはほとんどあり得ませんが、原付バイクや250CC以下のバイクなどの車検が不要なものの場合、うっかり忘れて未加入になっていたというケースもあります。この場合には罰金50万円または懲役1年が課せられるのと同時に、マイナス6点になるため一発で免停になってしまうという不携帯とは比べ物にならないほどの罰則があります。

カテゴリー 未分類 | 自賠責保険の証明書を携帯していなかった場合の罰則について はコメントを受け付けていません。

未加入の場合の罰則内容について

2016年2月26日 - 10:10 | 投稿者 riya

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法によって強制的に加入することを義務付けられる共済保険のことを言います。原付自転車を含む自動車を運転する上では、必ず加入して運転しなければならないとしています。

自賠責保険の役割は、交通事故で被害者を死亡させた場合、3,000万円を限度額として保険金が支払われることとなります。それを超える金額による補償については任意保険の範囲となります。

そのため充実した被害者賠償制度の流れからも重要な制度として機能しています。仮に未加入であると3,000万円の賠償を自分で行なうこととなり、しかも罰則まで存在します。

罰則の内容は、刑事罰として1年以下の懲役または50万円以下の罰金となっており、また無保険での運転は交通違反として交通違反点数も6点で即座に免許停止処分を受けることとなります。また自賠責保険に加入した証明書を所持していなかっただけでも30万円以下の罰金が科せられることとなります。

自賠責保険は、大概は車検時にかかる費用としているので、適切に車検を受けていれば未加入状態にならないのが実態です。問題は車検切れの自動車を運転していた場合に発生することが多いです。

なお未加入状態で自動車を走行して事故を起こして、被害者を死亡させた場合、加害者に資力が無い場合、被害者の損害賠償金額を政府が肩代わりをすることとなります。しかし必ず国から損害賠償額全額の求償を受けることとなり、未加入状態は避けることが大切となります。

カテゴリー 未分類 | 未加入の場合の罰則内容について はコメントを受け付けていません。

未加入の場合の罰則

2016年2月26日 - 10:09 | 投稿者 riya

公道を走るすべての自動車は、原付、バイクまでをも含めて、すべて自賠責保険に加入しなければならないことになっています。これは自動車損害賠償保障法という法律のなかで決められていることですので、こうした自賠責保険の性質から、任意保険に対して強制保険とよばれることもあります。自賠責保険に未加入のまま公道を走った場合の罰則ですが、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となっており、意外と重い内容であることがわかります。また、自賠責保険に加入しているという証明書を所持していなかっただけでも、実は30万円以下の罰金を科するといった罰則まで設けられています。こうした罰則は、たとえ自動車事故を起こさなかったとしても適用されるもので、特に原付などの場合には無保険車指導員による街頭監視活動も定期的に行われていますので、指摘を受ける可能性があります。また、刑事上の罰ではありませんが、行政処分の一種である点数制度のなかでも、自賠責保険未加入での自動車の運行は違反点数6点となっていますので、免許停止処分も覚悟しなければならなくなってしまいます。さらに、実際に事故を起こしてしまった場合、自賠責保険で支払うべき金額は、すべて自己負担ということになってしまいますので、罰則以上に注意が必要となってきます。

カテゴリー 未分類 | 未加入の場合の罰則 はコメントを受け付けていません。

自賠責保険の注意点とは?

2016年2月26日 - 10:09 | 投稿者 riya

自動車保険にはふたつの種類があります。その内、法律によって加入が義務付けられているのが強制保険とも呼ばれることがある自賠責保険です。これに対して加入が本人の意思に委ねられている自動車保険は、任意保険と呼ばれています。自賠責保険の注意点としては、まず任意保険に比べると補償範囲が限られていると言う点が挙げられます。任意保険が、交通事故による対人は勿論のこと、自損事故、対物も補償対象であるのに対し、自賠責保険は対人のみの補償です。よって自損事故や、車両などの対物に対する賠償金は一切、支払われません。そしてもうひとつが、任意保険の対人補償に対する賠償額が無制限であるのに対し、自賠責保険の対人補償の賠償額には、国によって基準が設けられており、支払限度額が設定されています。どれくらいの金額が設定されているのかと言う一例を挙げると、まず傷害による損害に対しては最高で120万円です。そして後遺障害の場合、障害が発生した部位により介護が必要になった場合、その介護頻度によって、そして障害の程度によって金額が設定されています。死亡による損害には最高3000万円、死亡するまでの傷害による損害には最高120万円が設定されています。自賠責保険は、被害者に対する最低限の補償と救済を目的に作られた自動車保険です。だからこそ支払限度額が設定されているわけですが、実際にはこの金額では不足することがほとんどです。ですからその不足分を補うためにも、そして補償範囲を拡大するためにも、任意の自動車保険にも合わせて加入することが必要です。

カテゴリー 未分類 | 自賠責保険の注意点とは? はコメントを受け付けていません。

自賠責保険では仮渡金を請求可能です!

2016年2月26日 - 10:09 | 投稿者 riya

公道を走っている自動車は、法律によって自賠責保険に加入することが義務付けられているため、もしも自動車事故の被害者となってしまった場合には、この自賠責保険から必要な保険金を受け取ることができます。通常は加害者のほうが自賠責保険の保険金を請求して、任意保険のほうの保険金とあわせて被害者に支払うことになりますが、被害者が直接請求をすることも制度上は可能です。しかし、どちらの場合であったとしても、最終的な保険金の支払いというのは、示談が成立するか、裁判によって損害賠償の額が確定してからということになりますので、請求をすればすぐに保険金が下りるというものでもありません。そのため、たとえば交通事故のために手術後にすぐ入院をして、当面の生活費や治療費としてお金が必要になったとしても、いったんは被害者のほうが自己資金で負担せざるをえず、たいへん不都合です。自賠責保険では、こうした事態を想定して、仮渡金とよばれる制度が設けられています。仮渡金というのは、最終的な保険金の支払い前であっても、当面の資金として一定の金額までを被害者が受け取ることができるという内容で、死亡やケガといった損害の種類、ケガによる入院や通院の日数などによって、上限額が決められています。

カテゴリー 未分類 | 自賠責保険では仮渡金を請求可能です! はコメントを受け付けていません。

自賠責保険では加害者に保険金を請求可能です!

2016年2月26日 - 10:08 | 投稿者 riya

自賠責保険は、国が自動車損害賠償保障法という法律を制定して、その規定にもとづいて、すべての自動車に対して加入を義務付けているものです。これは、自動車の所有者から広く負担をつのることによって保険を運営し、交通事故の被害者に対する最低限の補償をするという趣旨となっています。一般的な自動車保険の場合、交通事故の加害者が、みずから加入している保険会社に対して請求を行って、その結果として被害者への損害賠償として保険金が支払われるのが通例です。しかし、加害者がなんらかの事情で手続きをせずに放置していた場合には、被害者はいつまでも保険金を受け取ることができず、被害者救済という自賠責保険の趣旨に反してしまうことになります。このような事態を避けるため、自賠責保険ではあらかじめ被害者請求とよばれる制度が認められています。この制度を使うことによって、加害者のほうではなく、被害にあった人がみずから自賠責保険に申請をして、所定の保険金を受け取ることができるのです。自賠責保険では、示談交渉が未成立で、保険金の金額が正確には確定していないものの、当座の生活や治療のための費用が必要だという場合について、仮渡金という一定金額の前払いが認められていますが、この際にも被害者からの請求が原則となっています。

カテゴリー 未分類 | 自賠責保険では加害者に保険金を請求可能です! はコメントを受け付けていません。

自賠責保険のメリット|人をケガさせた時の安心

2016年2月26日 - 10:08 | 投稿者 riya

自賠責保険とは自動車損害賠償責任保険の略称です。自動車はもちろん、原動機付自転車も含めた全ての運転者に加入が義務付けられているので、強制保険とも言われています。
義務付けられているので、加入していないと公道を走ることができません。もし加入していない状態で公道を走行した場合は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金。さらに、道路交通法上の交通反則通告制度点数6点が加算され、運転免許証の停止または取消処分となってしまいます。それほどに重い罪になります。
なぜかというと、この自賠責保険は交通事故にあった場合の被害者のためにある対人賠償保険だからです。
自賠責保険は支払い基準が定められているので、保険会社によって保険料金が違うということはありません。被害者のためとは言っても、加害者側のメリットも当然大きいです。
被害者は、加害者の加入している保険会社から直接保険金が受け取れます。また、被害者一人ごとに支払限度額が定められているので、一度の事故で被害者が複数いたとしても、被害者一人あたりが受ける支払限度額は変わりません。
事故は起こしたくて起こすものではありません。もし事故を起こしてしまい、自賠責保険に加入していなかったら、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金と、免停または免取、その上被害者への賠償を全て自腹で支払わなければなりません。被害者が複数いたら、被害者を死亡させてしまったらもうその後の人生をその事故の償いのために使うようなものです。もしもの事故の被害者のため、自分が加害者になってしまった時のためにも自賠責保険はあります。

カテゴリー 未分類 | 自賠責保険のメリット|人をケガさせた時の安心 はコメントを受け付けていません。

自賠責保険の特徴

2016年2月26日 - 10:07 | 投稿者 riya

自賠責保険とは、自動二輪車や原付バイクなどを含めた自動車の所有者が必ず加入しなければいけないもので、未加入の場合には罰金や刑事罰が科されるものです。また、運転の際には証明書を携帯することも義務付けられていて、不携帯の場合には罰金を払わなければなりません。自動車では、車検の時に必ず自賠責保険の証明書が必要になり、その際に更新を行うことがほとんどです。
自賠責保険は交通事故の被害者が最低限の補償を受けられる仕組みになっていて、死亡した際に最高3000万円、怪我の場合には最高120万円が支払われます。特徴としては対人のみの補償になっているため、車両や対物に対しての補償はありません。自損の場合や同乗していた人が死亡した場合にも、その人が他人ではない場合には保険が支払われないケースもあります。また、補償の対象は被害者に限られます。運転していた加害者である人が怪我などを負った場合には適用されず、あくまで被害者の救済のためのものなのです。
被害者が死亡した場合などは賠償が3000万円では済まないケースもあり、また高額になることもある対物や同乗者への補償、自損の場合のために、任意保険の加入も併せて必要となります。

カテゴリー 未分類 | 自賠責保険の特徴 はコメントを受け付けていません。

自賠責保険に加入するメリットについて

2016年2月26日 - 10:07 | 投稿者 riya

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法によって加入が義務付けられている強制保険とも呼ばれるものです。自動車やバイクを所有している人は自動車やバイクを運転するときには必ず自賠責保険の証明書を携帯しなければならないという義務があります。証明書の携帯忘れは罰金刑、未加入の場合には罰金刑または懲役刑と同時に、道交法によって違反点数6点が加算され、免許停止となってしまうほど重要視されているものです。また、自賠責保険の証明書がなければ、通常は車検を通すことはできません。いわば強制的に加入させられる自賠責保険に加入するメリットはあるのでしょうか。
自動車やバイクを運転中に、他人にけがをさせたり死亡させたときの最低限の補償が行えます。「任意保険に加入しているから別にいらないのではないか」と思われるかもしれませんが、本来は任意保険の方が「プラスの保険」なのです。自賠責保険は最低限のことしかできないため、それでは賠償額などが足りないケースのために任意保険があるのです。また、自賠責保険は人の怪我や脂肪の時にしか賠償を行いません。ガードレールや信号、他人の家などに損害を与えた場合の賠償は任意保険を利用することになります。テクスチャー02

カテゴリー 未分類 | 自賠責保険に加入するメリットについて はコメントを受け付けていません。

メインナビゲーション

フィード

カテゴリー

アーカイブ

ブログロール

管理者ページ

最近の投稿