RR(リヤエンジン・リヤドライブ)

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)のこと

2016年2月 のエントリー

保険金が支払われる時期とは?

2016年2月26日 - 10:07 | 投稿者 riya

車を使っていれば、トラブルや問題に直面することが多いです。その代表的なものとして交通事故があります。これは、自分が加害者になることも被害者になることもあります。車に乗るときには、しっかりと保険に加入をしておきましょう。自分と相手を守るためにも必要なものです。加害者になった場合には、保険があることで金銭的な負担は軽減するでしょう。

気になるのは保険金がどのくらいの期間で支払いされるかです。保険法でしっかりと支払いの時期が定められており、加害者の場合には保険金の請求を行ってから1ヶ月以内には支払いが行われます。しかし、損害調査のために特別な調査が必要なときには1ヶ月を超えることもあるので注意が必要です。専門機関によって調査が行われたり、日本国外でトラブルがあった場合には調査が必要になります。保険金の支払い期限を越えた場合には、業者に対して遅延損害金が発生します。

また、請求を行った人は保険会社に必要な書類を提出した日なので間違えないようにしましょう。迅速に書類を提出すれば、はやく保険金を受け取ることが出来るのです。自動車に乗る前には道路交通法だけでなく保険関連の知識も身につけておくといいでしょう。

カテゴリー 未分類 | 保険金が支払われる時期とは? はコメントを受け付けていません。

会社を休んだ分の請求もできるのか?

2016年2月26日 - 10:06 | 投稿者 riya

交通事故による損害を受けたら加害者に賠償を請求できます。その中の一つに休業補償があり、これは会社を休んだ時に適用されます。正社員だる場合は、事故前の収入を基準に怪我による入院や通院で会社を休んだ日数をかけて賠償金額が出ます。有給休暇では実収入が減ることはありません。しかし本来は自由に使える有給休暇を治療に使う時は、休業日数になります。また自分は働きたくても、会社側が療養を促したら場合によっては休業日数に数えられます。パートをしている兼業主婦では、主婦業の基礎収入額が関係します。主婦業は実収入がありませんが、事故によって家事ができないと誰かに代わってもらう必要があるので、休業損害の対象です。しかし明確な損害額が分からないため、厚生労働省の賃金センサスを参考にします。賃金センサスとは女子労働者全年齢の平均賃金に基づいたもので、基礎収入額を計算して家事ができなかった期間を掛けて損害額を出します。しかしパートしている場合は、賃金センサスと実収入に差がでます。この時は金額の高い方が基礎収入額として認められます。よってパートで会社を休んでも、それほど稼いでいない人は休業として見なされないことがあります。

カテゴリー 未分類 | 会社を休んだ分の請求もできるのか? はコメントを受け付けていません。

請求に必要な書類

2016年2月26日 - 10:06 | 投稿者 riya

自動車賠償責任保険の保険金は被害者だけでなく、加害者も受け取ることができます。ただし、被害者側は認められた補償額の全額の支払いを保険会社に求めることができますが、加害者が保険会社に支払いを求められる金額は、被害者に対して支払い済みである補償金までが上限となっているので注意が必要です。
加害者側が保険金を受け取りたい場合には、被害者側が求める場合と同様に必要書類を準備しなければなりません。
加害者側が自動車賠償責任保険の保険金を受け取りたい場合、まず支払請求書、交通事故証明書、事故発生状況報告書、印鑑登録証明書、被害者側に賠償を行ったことを証明できる領収証書は必須です。そして、被害者が死亡している場合は死亡診断書や死体検案書、除籍全部事項証明書が必要となり、死亡していない場合は医師による診断書と診療報酬明細書が必要です。ケースによっては、看護費用や通院費用、休業損害などを証明できる書類を用意しなければなりません。
必要書類には、印鑑登録証明書や除籍全部事項証明書など、行政機関から手に入れなければならない書類がいくつか含まれていますが、大半の書類は損害保険会社で手に入れることができます。そして、このとき任意保険に加入していると、担当者からのサポートも受けられ、書類を揃える作業の負荷を軽減させることができます。

カテゴリー 未分類 | 請求に必要な書類 はコメントを受け付けていません。

病院でケガの確認をする義務とは

2016年2月26日 - 10:05 | 投稿者 riya

交通事故にあったら、見た目にはケガがなくともすぐに病院に行って検査をしてもらうようにしましょう。事故にあってすぐは神経が高ぶっていて痛みを感じていなかったのに、後日痛みを感じて受診してみたら骨折をしていた、というようなケースや、加害者に気を使って「痛みもたいしたことはないから」と病院に行かないという人もいます。しかし、自動車保険のことを考えると、必ず早急に診察を受けることが重要なのです。
自賠責保険、任意保険ともに、事故によって受けた怪我などによって会社を休んだり病院に通った治療費や、事故が原因で身体や精神に後遺症が残った場合、後遺障害保険金が支払われるのですが、事故から数日たってから「あの事故が原因だった」と言われても、怪我などを偽っているのではないかという疑いがかけられてしまうケースがあるのです。そのため「この症状があの事故が原因で引き起こされたものだ」という証明をするためにも、交通事故にあったらすぐに病院に行き診察を行うことが重要です。また、この時の支払いは後に保険金で支払われるケースが多いため、受付で「交通事故で」ということを告げて受診すれば、治療費を支払わなくても良い場合もあります。

カテゴリー 未分類 | 病院でケガの確認をする義務とは はコメントを受け付けていません。

被害者請求とは?

2016年2月26日 - 10:05 | 投稿者 riya

加害者が被害者に支払った賠償金の額を限度として自賠責保険会社へ請求することを加害者請求と言います。一方、被害者が加害者から十分な賠償を受けることができない場合に、被害者自身が最低限の賠償を請求することを被害者請求と言います。
この被害者請求は自賠責保険にとって大事なポイントとなります。この制度では後遺障害等級認定を求めることが可能です。保険会社によって等級認定の手続きが行われる事前認定とは異なり、被害者が自ら請求するものなので手続きの透明性が確保されトラブルを防ぐことができます。また、後遺障害の等級によって自賠責の限度額の先取りをすることもできます。加害者側の任意保険会社から一括払いを打ち切られた場合も、加害者側の任意保険会社と交渉する必要はなく、自賠責保険会社に被害者請求手続きをすることで回収できる場合もあり便利です。
一般的に被害者請求は示談が成立していることが求められますが、損害額が決められている保険金額を超えてしまう場合などは被害者が請求することで支払いが行われます。ほとんどの場合は加害者側の任意保険会社から一括払いで賠償金が支払われます。なお、被害者請求は自賠法で加害者側に賠償責任が発生してから2年が時効となっています。

カテゴリー 未分類 | 被害者請求とは? はコメントを受け付けていません。

支払額はどのように決定される?

2016年2月26日 - 10:05 | 投稿者 riya

交通事故に遭ってしまい被害者になった方ならば、加害者に対して加害者請求を行うことができます。例えば怪我などをしてしまって病院に向かうことを必要とされる場面があります。このケースではマイカーを使用できない状態であれば、その交通費が対象になり、診察にかかる費用も対象です。治療費も当然ながら必要になり、診断書を作成するための費用も支払額に含まれます。中には入院を余儀なくされてしまう方もいますが、入院にかかる費用全般も雑費をして支払い義務が生じます。仕事をしている方が、通院や入院によって仕事ができない期間があれば、その際に本来では受け取ることのできた給料なども算定されることも一般的です。他にも各種慰謝料や、逸失利益なども計算することが必要になりますが、前提としてかかった費用に関しては領収書などを保管していることが必要です。慰謝料以外のかかった費用に関しては、その殆どが問題なく支払額として決定されることになり、自賠責保険でも対応できる範囲です。慰謝料に関しては弁護士等に依頼をする方法などもあり、トラブルに発展しやすい内容を持つこともあり、慎重に請求を行うことが大切です。交通事故によって必要とされた治療や休業費用については正当な請求として認められます。

カテゴリー 未分類 | 支払額はどのように決定される? はコメントを受け付けていません。

必要書類を準備する大切さについて

2016年2月26日 - 10:05 | 投稿者 riya

交通事故において怪我をした場合は、通常健康保険証は使用できません。全額自己負担で怪我の治療を受けなければならないわけです。もし、交通事故等で怪我をさせた場合で医療機関で治療を受けた場合には、誤って健康保険証を使用しないように注意しなければなりません。
この場合の保険請求は、加入している健康保険組合等ではなく、交通事故における自賠責保険かあるいは任意保険先へと請求を行うようになります。必要な書類等は事故があったことを伝えれば、すぐに送付してもらえるのが常です。したがって、なるべく早期に連絡をとって書類を送ってもらうことと、その後の示談等における相談などを確実に行うことです。
被害者側の場合は、自らの健康保険証は使用できません。そのため、全額をとりあえず自腹で支払うようになりますが、場合によっては医療機関側が加害者側の加入する保険会社との交渉で、そちらに対して請求を行うという話をしてくれることもあります。したがって、なるべく医療機関の指示に従って支払うようにします。なお、全額の請求を求められた場合には払う場合でも、その領収書はしっかりと保管しなければなりません。あとで加害者側の保険会社に対して請求を行う際の根拠となるためです。

カテゴリー 未分類 | 必要書類を準備する大切さについて はコメントを受け付けていません。

知っておきたい!事故状況を詳細に伝える方法

2016年2月26日 - 10:04 | 投稿者 riya

交通事故に遭遇したら、必ずどんな小さなことでも警察にすぐ連絡をしましょう。もし、すぐに連絡をしなかった場合、交通事故証明書が発行されませんので、のちのちまでトラブルを抱える原因になりかねません。
交通事故で良くあるのは、相手が示談で済ませようとしてきた時、気持ちが動転していてうっかり同意してしまう事例です。第三者を挟んで事故状況を確認しないまま終わってしまい、ケガで通院が必要になった時でも保険が使えなかったり、最悪の場合加害者の所在が分からなくなってしまうこともあります。
こうしたトラブルを防ぐためには、事故があった時に警察や保険会社に正確な事故状況を伝えることが大切です。まずは警察に連絡し、現場に来てもらいましょう。この時、体の痛みや明らかなケガが認められる場合は、詳しい事故状況を説明する前に警察に告げておきます。そうすることで人身事故として扱われるようになります。
人身事故の場合は現場で実況見分を行い調書を作成します。事故があった時間、衝突の場所と角度、その時出していたスピードや車間距離をどれくらい取っていたかなどを伝える必要がありますが、当然のことながら嘘は厳禁です。自分が事故に遭ったということだけで落ち着かない気持ちになる可能性が高いので、万が一の時により正確な事故状況を第三者に伝えるためドライブレコーダーを利用するドライバーも増えています。

カテゴリー 未分類 | 知っておきたい!事故状況を詳細に伝える方法 はコメントを受け付けていません。

加害者請求とは?

2016年2月26日 - 10:04 | 投稿者 riya

事故が起きた場合、自賠責保険に保険金を請求するケースがあります。加害者請求と被害者請求の2種類があり、被害者請求は被害者が加害者の自賠責保険の保険会社に自分で賠償金を請求することです。これは自動車賠償責任保障法によって認められているものです。
加害者請求とは、事故を起こした際に加害者が被害者に賠償金を支払い、その後で自分が加入している自賠責保険の保険会社にその賠償金を請求することを言います。どれだけの金額を払ったのかを明確にする必要があるため、この場合には被害者からの領収証が必要となります。また、自賠責保険の他に任意保険にも加入している場合、任意保険の保険会社が自賠責保険の分も一緒に被害者へ賠償額を支払います。その後、任意保険の保険会社が自賠責保険の保険会社へ自賠責保険の支払いを行った分の請求を行うケースもあり、この場合も加害者請求と呼ばれます。
交通事故の際の加害者、被害者は過失の割合で決まるものではなく、怪我をした方が被害者、怪我をさせた方が加害者となります。怪我を負ったことと過失の割合は関係なく、場合によっては怪我をしていても過失割合が大きく、加害者側へ賠償を行わなければならないケースも出てきます。

カテゴリー 未分類 | 加害者請求とは? はコメントを受け付けていません。

加害者請求と被害者請求について知ろう

2016年2月26日 - 10:03 | 投稿者 riya

テクスチャー01自賠責保険からの保険金を請求する場合には、加害者請求と被害者請求という、ふたつの請求方法があります。加害者請求というのは、交通事故の加害者のほうが、さきに被害者に対して損害賠償金を支払った上で、その損害賠償金の金額を限度として、あとから自賠責保険に保険金の支払いを請求し、加害者が保険金を受け取るというものです。この場合、被害者である相手からの領収証などの証拠書類をあわせて添付する必要があります。実際にはこちらの方法が一般的であって、加害者が直接的に保険金を受け取るというよりも、加害者が契約している任意の自動車保険の保険会社のほうで、加害者に代わって一括して手続きを進めて、任意保険の保険金と、自賠責保険の保険金とを、いっしょに被害者に対して支払うというかたちになっています。いっぽう、被害者請求のほうですが、加害者が十分な損害賠償金を支払ってくれない場合に、被害者のほうから自賠責保険に請求して、所定の保険金を受け取ることをいい、請求の主体が当事者のどちらであるのかに違いがみられます。これは被害者保護という自賠責保険の目的に沿って設けられた独自の制度で、加害者が損害賠償金を支払わない場合でも泣き寝入りをしないで済みます。

カテゴリー 未分類 | 加害者請求と被害者請求について知ろう はコメントを受け付けていません。

メインナビゲーション

フィード

カテゴリー

アーカイブ

ブログロール

管理者ページ

最近の投稿