RR(リヤエンジン・リヤドライブ)

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)のこと

2016年5月 のエントリー


エコじゃない?世界的評判について

2016年5月24日 - 16:36 | 投稿者 riya

世界的にSUVが人気となっています。とはいっても、本格的なオフロードカーではなく、オンロードを重視した街乗り型のコンパクトSUVです。コンパクトSUVの魅力は、セダンのような乗り心地を実現しながら、多少の悪路も難なく走りぬくことができることと、車高が高いので見晴らしがとても良いということがあります。これは乗ってみるとすぐにわかります。また、逞しい外観も大きな魅力です。

弱点を挙げるとすれば、セダンよりも車両重量が多くなることから燃費などの環境性能があまりよくないことや、太いタイヤをはくので、ロードノイズが大きくなる傾向があり、タイヤの交換代も高くなることなどがあります。しかし、それを上回る魅力があり、人気となっているわけです。

ただ、コンパクトSUVは本格オフロードカーほど燃費は悪くはありません。最近ではハイブリッドカーも登場し、燃費は向上しています。また、トルクが大きいディーゼルエンジンを搭載することも多く、クリーンディーゼルエンジンであれば、ガソリンエンジンよりも燃費が良いばかりでなく、環境性能も良くなります。環境性能も意識したSUVが欲しい場合は、このようなハイブリッドやクリーンディーゼルを選ぶと良いでしょう。

カテゴリー 未分類 | エコじゃない?世界的評判について はコメントを受け付けていません。

維持費が高額

2016年5月24日 - 16:35 | 投稿者 riya

いわゆるSUV車両は、走行性がよく乗りやすいのが特徴ですが、その反面として維持費が高額になりやすいことが挙げられます。また本体の購入価格も高額気味でなかなか手が届かない問題にもなっているところです。
維持費で問題になるのは、まずは燃費の悪さです。ガソリン代が高額であれば自然と燃料代も高額になりますが、それ以上に他種に比較して燃費が悪いことはよく知られています。SUVのハイブリッドカーなどでも他種よりは燃費は悪いと言われています。したがって、それだけガソリンを使ってしまいますから、維持費が掛かるというわけです。
なお、燃費以外でも税金面においても費用は掛かる傾向にあるとされています。一般的にコンパクトカーなどと比較しても、それ相応にお金は掛かります。大きい分だけ排気量も大きく、その排気量を基にして税金を決めているものもあることから、自然と税額が大きくなりやすいわけです。
燃料代や税金面でコンパクトカーやハイブリッドカー、軽四などと比較して高額になりやすいため、その点を考慮して購入などを考えていくことが大事というわけです。なお、ハイブリッドカーにすればガソリンで走るものよりは安上がりにはなります。

カテゴリー 未分類 | 維持費が高額 はコメントを受け付けていません。

車高制限の厳しい立体駐車場はNGかも

2016年5月24日 - 16:35 | 投稿者 riya

SUVはスポーツユーティリティビークルの略称で、スポーツ性多目的車の意味合いがあります。主に悪路走行やキャンプ等アウトドアでの娯楽を目的としたもので、大きめのタイヤや車高の高さなど、外観に大きな特徴があります。4WD仕様も多いため、雪道や地盤の緩い道でも安定的な走行ができるなど、走行性能面のほか視界の良さなど多くのメリットがありますが、少なからずデメリットも存在します。
全般的に車高が高いため、移動や駐車を制限される場所は少なくありません。トンネルやガード下など、車高制限のある場所では、常に表示や標識に注意する必要があります。また、旧式の立体駐車場の場合、車高制限に引っかかるケースもあるため、外出時はもちろんのこと、立体駐車場設備付きのマンション住まいでSUVタイプの購入を検討している場合は、しっかりと確認することが重要です。
車高制限以外では、スピードの出しすぎに注意する必要があります。SUVタイプは総じて車体重量が重く、他のタイプに比べ制動距離が伸びる傾向にあるためで、特に買い替えてから間もない時は、感覚に慣れるまでいつも以上にスピードを抑え、安全運転をするのが無難です。また、4WDの装備や排気量の大きさから、燃費が悪いという特徴もあります。

カテゴリー 未分類 | 車高制限の厳しい立体駐車場はNGかも はコメントを受け付けていません。

燃費が悪い|車体が重さについて

2016年5月24日 - 16:35 | 投稿者 riya

SUVの欠点として車体が大きく重量があるので、燃費が悪くなりやすいというものがあります。
車体の重量が増えれば増えるほどそれを動かすエンジンの力が必要となるので、燃費は悪くなりやすくSUVは他のものと比較をした時に悪くなりやすいという弱みがあります。

重たいというのは燃費に悪影響を及ぼすだけでなく、走りの面でも不利なことが多く特に止まるという動作に悪影響を及ぼしてしまいやすいものとなります。
重たいものがスピードを出した時にそれを止めるにはそれだけの力が必要となり、制動距離も伸びてしまうということになります。
重たければタイヤの摩耗も早くなってしまい、SUVは大きなタイヤを装着している場合が多いのでタイヤ代もかかりやすいというのが欠点となります。
更に重くなれば重量税などの税金も増えることになるので、SUVは経済性において他のものと比較をした時に劣る傾向にあります。

基本的に車にとって重量というのはデメリットしか無いものであるため、重たいSUVというのは重量に関するデメリットを受けやすい物となってしまうのです。
しかし、他のものと比較をした時に明らかに劣るというものでもないので、そのような欠点があるということを理解した上で使うことが大切です。

カテゴリー 未分類 | 燃費が悪い|車体が重さについて はコメントを受け付けていません。

SUVの弱み

2016年5月24日 - 16:34 | 投稿者 riya

SUVの欠点としては比較的大きな物が多いので、狭い場所で扱いに気を使うというものがあります。
基本的に視点が高いので、大きさに対して運転をしやすいのですがやはり狭い場所ともなればその大きさ仇となり、扱いづらいことがあります。
SUVは大きさに加えて4WDであることが多いので、4WDは小回りがききにくいのも加わり狭い場所では運転が苦手な人は思うように乗りこなせないということも出てきてしまいます。

次に大きいということはそれだけ重量も増えるということになりますから、燃費の面で不利になってしまうという欠点があります。
最近は燃費の良い車も増えてきましたが、SUVは重量が増えがちになるのでどうしても他のものと比較をすると燃費が悪化してしまいやすくなります。
重たいことによって事故を起こした時に、相手に対するダメージが大きいという欠点もあります。

視点が高いのは利点となりますがその分重心も高くなってしまうことから、安定性がやや欠けてしまうのも弱い部分となります。

SUVというのは様々な場面で活躍をすることが出来る一方で、弱い部分も持っているためそのような短所をよく理解した上で使用をするのが安全に使う上で大切なことになります。

カテゴリー 未分類 | SUVの弱み はコメントを受け付けていません。

安全性について|車体が頑丈

2016年5月24日 - 16:34 | 投稿者 riya

かつて人気が高かったRVですが、本場のアメリカではキャンピングカーを主流とする呼び方で、日本では遊びで使える種類の、ミニバン、ステーションワゴン、ワンボックス、オフロードなどの総称となっていました。今では呼び方が変化しSUVの方が使われています。ところでSUVの人気は頑丈さだけではありません。日本特有の事情もその中に入っている事を忘れてはいけません。高い高齢化率が日本の特徴であり、高齢化社会においても車の人気の尺度は安全性が基準となる事は大きなポイントです。乗っていて実感する人が多いのは、ボディの高さがセダンタイプに比べて高い所です。このポイントは安全性を考えた場合、運転手の視点が高いと、低い種類に比べて危険を早く察知できる特徴があります。同乗者を早期に危険から守れるので、運転の安心感につながっている事もあります。視野が狭くなり、運動機能が低下してくる中年以上のドライバーにとって、ボディの頑丈さや危険の察知を早める視点の高さは魅力です。また、ドライブを家族や仲間とで楽しみたい場合でも、同様の理由からSUVは支持されています。同乗する家族は幼児や高齢者、子供のスポーツ仲間などを送迎する目的で使われる事も、この安全性の高さは支持が高いポイントです。

カテゴリー 未分類 | 安全性について|車体が頑丈 はコメントを受け付けていません。

悪路走行に強い!未舗装道路など

2016年5月24日 - 16:34 | 投稿者 riya

SUVというのは、スポーツタイプの多目的なクルマということになりますが、こうしたSUVのなかまとしてわが国で売りだされているクルマは、駆動方式がおおむね4WDになっています。
4WDというのは、一般的なクルマに採用されているFF方式などとは大幅に異なり、駆動輪が前輪だけというのではなく、4つのタイヤすべてが駆動輪ということになっています。
それだけに、しくみとしては複雑であり、乗り出し価格もかなり高めになっているといえるのですが、泥や砂利だらけの未舗装の道路や、雪道などを含めた悪路走行にきわめて強いという特性があります。
いずれも一般的なクルマではまともに走行することがむずかしく、すぐにタイヤがすべってしまうことになりかねない道路状況です。
こうしたことから、趣味でキャンプやスキー、ハイキング、トレッキングをひんぱんに訪れている、アウトドア志向の強い人の場合には、SUVはマイカーとして活用するにはきわめて適しているということができるでしょう。
その反面、会社への通勤だけにしかクルマを使わないという人にとっては、渋滞しやすい都市部の道路を走行すると燃費があまりよくなかったり、大型すぎて扱いに困ったりということもあります。

カテゴリー 未分類 | 悪路走行に強い!未舗装道路など はコメントを受け付けていません。

ドライビングポジションが高く、周囲の視界が良好なんです

2016年5月24日 - 16:33 | 投稿者 riya

市販されている車の中でも人気の高いSUVには、様々なメリットがあります。最も大きなメリットは、ドライビングポジションが高いため視界が広く、運転が楽になる点です。

SUVはセダンなどと違って、路面とフロアの距離が多めに設計されています。そのため運転席も高い場所に位置しているので、運転時の見晴らしがよくなっています。遠くまで見渡せるため長距離ドライブ時に疲れにくく、姿勢を楽にできることから快適な運転を楽しめます。街乗りでも前の方まで確認でき、安全運転にもつながります。

ボディが大型であるため運転しにくそうに思えるかもしれませんが、ドライビングポジションが高いことで周囲を確認しやすく、入り組んだ場所でも操作しやすくなっています。狭い場所に止めるのが苦手という女性ドライバーにも、SUVの取り回しの良さは高い評価を得ています。運転位置が高いため死角も増えていますが、サイドミラーやオプションによるカメラなどで補えるので安心です。

SUVのフロアの高さは、オフロードでも底をこすることなく走行できるというメリットにもつながっています。歩道などの段差でも傷つくことがありませんし、雪道で動けなくなるといった事態も防げます。内装も高級感があり、所有する喜びを与えてくれます。

カテゴリー 未分類 | ドライビングポジションが高く、周囲の視界が良好なんです はコメントを受け付けていません。

SUVの強み

2016年5月24日 - 16:33 | 投稿者 riya

最近人気の高いSUVですがこれにはどのような利点があるのかというと、車高が高く視点が高いので見晴らしがよく運転をしやすいというものがあります。
ボディが大きいので運転をしづらいのではないかと、思われがちですが確かにボディは大きい物の感覚はつかみやすいため、誰でも運転をしやすいのが魅力となっています。

次に高さがあることである程度の悪路にも対応をすることができ、走破性が高いという利点もあります。
4WDになっているものも多いので、雪国などではスタックをすることなく走破することができるので実用性が高いのが魅力です。
ボディが頑丈にできていることから、事故などにあった時の安全性が高いというのもメリットのひとつであり、万が一の時の安心感があります。

荷物を比較的多く積めるというのもSUVの利点であり、アウトドアにも最適なように作られているものだけにアウトドア好きにとっては使いやすいのも魅力となっています。

SUVは近年人気が高いだけあって実用性の面で優れた部分が多いので、アウトドアが趣味の人やそうでない人であってもあらゆる場面で活躍をしてくれるものとなっているので、購入を検討する価値のあるものとなっています。

カテゴリー 未分類 | SUVの強み はコメントを受け付けていません。

走破性と快適さを合わせ持つ都市型4WDの魅力

2016年5月24日 - 16:33 | 投稿者 riya

犬11昨今では単にSUVと呼ばれるよりクロスオーバーSUVと呼ばれる方が多くなっています。あるいはCUV=Crossover Utility Vehicleなんて呼ばれたりします。成り立ちはオフローダーながら、ボディの作りや足回り、4WD機構、居住性等をよりオンロード性能に振った車です。
少なくとも日本国内においては本格的なオフロード走行、それこそ道なき道を走破するクロスカントリーを楽しむ層は極限られています。反面、形だけはオフロードに乗ってみたい、普段使いはほとんど安全なオンロード走行になるけど、いざという時(積雪時など)に対処したい、もしくはたまには林道や砂利道程度はオフロード走行を楽しみたいという人は多いです。クロスオーバーSUVは正にそんなユーザーを対象としています。オンロード性能に振った要素に加え、ファッション性も兼ね備えるモデルも存在し、都市型4WDなんて言われたりもします。そもそも使われ方が生活四駆の域を出ないものがほとんどで、メーカー側も本格オフロードを想定して作っていませんから、FFであっても何の不足もありません。しかしながらどのメーカーもラインアップに4WDを入れるのは販売上有利だからです。クロスオーバーSUVは、90年代中盤、トヨタのRAV4とホンダのCR-Vが先鞭を付け、90年代後半、トヨタのハリアーが高級SUVのカテゴリーを生み出し、現在ではハイブリッドも含め各メーカーから多種多様なモデルが登場しています(日産エクストレイル、スズキエスクード、マツダCX-5など)。中でもエスクードは、3代目までラダーフレームを採用するなど、オフロードよりのモデルとなっています。

カテゴリー 未分類 | 走破性と快適さを合わせ持つ都市型4WDの魅力 はコメントを受け付けていません。

メインナビゲーション

フィード

カテゴリー

アーカイブ

ブログロール

管理者ページ

最近の投稿