RR(リヤエンジン・リヤドライブ)

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)のこと

故障かも?空気圧が原因のトラブルについて

投稿日 2016年1月27日 3:56 PM | 投稿者 riya

タイヤの形は内部の空気によって保たれています。空気圧の過不足は運転中のさまざまなトラブルの原因になりとても危険です。では、いったいどのような危険があるのでしょうか。
空気圧が不足していると走行中にタイヤの歪みが大きくなって異常発熱が起こります。その結果、タイヤが外れやすくなったり、内部が剥離したりコードが切れやすくなります。また、高速走行中はスタンディングウェーブ現象が起こりやすくなります。回転しているタイヤは地面に接地した時にたわみ、地面から離れると元に戻ることを繰り返しています。回転速度が速くなると形が元に戻らないうちに接地するために波打現象を起こしてタイヤに負荷がかかり最悪の場合はバーストしてしまいます。また、両肩部に無理な力が加わってタイヤの寿命が短くなります。燃費や操作性も悪くなります。
逆に空気圧が高過ぎると緩衝力が低下して傷つきやすくなります。その傷が原因でバーストに繋がることもあります。風船に空気を目一杯入れると少しの衝撃で破裂してしまうのと同じです。また、タイヤの中央部が摩耗しやすくなり寿命が短くなります。
タイヤは放っておくだけで自然と空気が抜けていきます。見ただけでわかりづらいので、安全に走行するためには定期的に空気圧の点検して調整することが大切です。

コメントを受け付けておりません。

メインナビゲーション

フィード

カテゴリー

アーカイブ

ブログロール

管理者ページ

最近の投稿