RR(リヤエンジン・リヤドライブ)

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)のこと

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)が乗用車では一部でしか採用されていない理由

投稿日 2014年10月20日 4:40 PM | 投稿者 riya

車の駆動方式は、その車を特徴付ける大きな要素のひとつです。特に車好きやスポーツカーマニアなどは駆動方式に拘ります。FR、FF、MR、RR、この中で現在乗用車に最も多く採用されている駆動方式は言うまでもなくFFです。リアエンジン・リアドライブの代表といえば、ポルシェ911を挙げることができます。ポルシェ911が何故この特異な駆動方式を採用するのかといえば、強力なトラクションが確保できるという点とブレーキング時における車両バランスに優れているからです。加速時、車の過重は後にかかります。後部に重量物を背負った911は充分なトラクションを確保できます。減速時、荷重は前側にかかりますが、911ならば後部を浮かせることなく安定した車両バランスを確保することができます。しかしながリアエンジン・リアドライブは、コーナリング中、一端車両バランスが崩れるとスピンしやすいという特性を持っています。つまり前述の加速性と相まって操縦性が特異であり、相応の腕を要するというわけです。一定のアンダーステアを得なければならず、操舵輪と駆動輪を別にするのが理想という考えで始まった車生産の黎明期では、FRが主流で、リアエンジン・リアドライブは特殊な駆動方式を見られるようになり今日に至っています。また生産コストの問題もあります。多くのメーカーがFF車を量産する大きな理由のひとつは生産コストが安いからです。リアエンジン・リアドライブの場合、ラジエーターは言うまでもなく後部に配置しなければなりません。こうなるとフロントエンジンのようにラジエーターは走行中の風を利用することができず、高級なラジエーターを必要とします。

コメントを受け付けておりません。

メインナビゲーション

フィード

カテゴリー

アーカイブ

ブログロール

管理者ページ

最近の投稿