RR(リヤエンジン・リヤドライブ)

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)のこと

RR車のデメリット

投稿日 2014年10月20日 4:43 PM | 投稿者 riya

RR車とは、車の後ろの方、後輪の車軸よりも後ろにエンジンを搭載し駆動輪も後輪を駆動させるタイプの車のことをいいます。エンジンを後ろに置くことで前にエンジンを置くタイプに比べて運転席を低く保ったまま、車内のスペースを広く確保できる特徴があります。
その特性を生かして大型バスなどに採用されています。乗用車では有名なところではポルシェなどに用いられていてFR車に比べて運動性能に優れているためエンジン冷却などの構造的なコストの問題を気にしないで済む、高級スポーツ車にはよく見られます。
前輪の操縦性を損なうことがなく室内の居住空間を広く取れることから日本では軽自動車などの小型車で採用されていましたが、最近は少なくなっています。
RR車の利点は、後輪駆動の車種の中でも加速、減速に優れていることです。後方にあるエンジンのため後輪に大きな荷重をかけられ駆動輪に高いグリップ力を生むからです。
このように利点は多いのですがデメリットとしては、製造コストの高さがあげられます。エンジンが後方にあるためラジエターなどの冷却装置に余分な構造的負担がかかるためです。
また、高速走行時の安定性が悪いことも挙げられます。その他、メンテナンスの時エンジンルームの狭さから整備が困難で、エンジンの取り外し作業を強いられることも多く、整備費が高くつくことが挙げられます。

コメントを受け付けておりません。

メインナビゲーション

フィード

カテゴリー

アーカイブ

ブログロール

管理者ページ

最近の投稿