RR(リヤエンジン・リヤドライブ)

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)のこと

前輪の操縦性と室内の広さを両立

投稿日 2014年10月20日 4:41 PM | 投稿者 riya

エンジンの配置と駆動輪の方式によって分けた車の種類にRR車と呼ばれるものがあります。車体の後部(後輪車軸より後ろ)にエンジンを積み、後輪で駆動します。
エンジンが後ろにあるためその荷重で、駆動輪である後輪の発進時のグリップ力が高くトラクションに優れています。また、ブレーキをかけた時にも、各車輪にバランス良く力が加わるためプレーキングの安定性能が非常に高いことが知られています。
重量物でもあり体積的にも大きいエンジンを後方に設置することから運転席を低く保ったままフロア面積を広くとることが出来、一番の騒音源であるエンジンが後方にあることから静寂性も兼ね備えることが可能になっています。
また、後方へのエンジン積載の利点としては、前輪の操縦性能が室内空間の広さを犠牲にすることなく確保されることがあります。しかし、後方への重量物集中は高速走行時の安定性が損なわれまた、エンジンルームのスペースの狭さからメンテナンスが困難であり、費用もかかってしまったりトランスミッション、冷却システムなどへのアクセスに余分な距離と部品を必要とすることから操作レスポンスの悪さ及び製造コストがかかることなどの理由から一部の高級スポーツカーなど以外では、使用されなくなってきています。

 

コメントを受け付けておりません。

メインナビゲーション

フィード

カテゴリー

アーカイブ

ブログロール

管理者ページ

最近の投稿